にきび跡

にきび跡が残ってしまって化粧で隠れるという人はいいのですが、男性の場合には化粧はしませんから目立ってしまう人も多いともいますし、女性でも、にきび跡の具合によっては化粧で隠せないという人も中にはいるのではないでしょうか。にきび跡ができる理由は、にきびが悪化して顔の炎症がひどくなってしまったために、その部分が治ったとしても、跡が残ってしまうのです。にきび跡といっても人それぞれ症状は色々で、少し跡が残っている程度だという人も中にはいますし、ひどい人になるとクレーターと呼ばれる月の表面のようにえぐれているように、顔の皮膚がなってしまっているような人もいます。
にきび跡が一か所ならまだいいのですが、クレーターのようなひどいにきび跡が顔中に出来てしまっているというケースもありますから、十分にきびケアには注意が必要です。にきびが悪化したことによってにきび跡はできますが、他にも爪で無理やりにきびの芯を押しだしたりした場合にも皮膚が傷ついてその部分が跡になってしまいます。
一度できてしまったにきび跡というのはなかなか解消することが難しいですから、にきびができたら、できるだけ放っておかないで、すぐに対処をして悪化させない工夫が大切です。悪化させてしまうとその部分のなおりが遅くなりますし、そうなってしまうとにきび跡が残りやすくなってしまいます。にきび跡は一度できると完治することは難しいので注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする